古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へお電話ください。京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

高価買取・迅速・安心・見積/出張無料!
TEL 079-552-7678

一休堂のだじゃれ日記

〔骨董〕『涼を呼ぶ風景』

DSCN1292.JPG

DSCN1293.JPG本日も酷暑日になりそうですが、目には、涼しくいきましょう。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年07月21日(土)

〔骨董〕『豪雨の爪痕』

DSCN1285.JPG

DSCN1286.JPG

DSCN1287.JPG

DSCN1289.JPG

DSCN1290.JPG本日、先日の豪雨時当方が危機を感じた場所を通り過ぎました。全く木のない谷で、濁流が押し寄せていたのが嘘のように『真夏の太陽がギラついていました。』そのあと、マイカーを濁流に飲まれに?コインウオッシャーに行ったのですが、僅か数分といえど、エンジンを止めての車内は、蒸し風呂状態でした。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年07月20日(金)

〔骨董〕『往復約1600km山形買取行脚』

DSCN1278.JPG

DSCN1280.JPG

DSCN1281.JPG

DSCN1274.JPG

DSCN1269.JPG

DSCN1268.JPG

DSCN1266.JPG

DSCN1265.JPG

DSCN1264.JPG

DSCN1261.JPG

DSCN1260.JPG

DSCN1259.JPG7月16日17日は、約束予定通り山形へ1泊2日で、鬼瓦等コレクション多数一式、鑑定買取旅行に知人のSさん同行のもと、裏日本日本海沿岸を中心に駆け巡ってきました。途中の車窓風景です。

2018年07月18日(水)

〔骨董〕『橋下徹氏の講演会に行く』

IMG_3156.JPG昨夜は、知人の案内で、【橋下徹 講演会】三田市 7/13(金)18:30「郷の音ホール(三田市総合文化センター)」に行ってきました。当方的には、久々の著名人の講演会で、テレビ画面とのギャップを鑑定しに行ったようなものなのですが、結論から申し上げると、橋本徹氏の実際の印象は、私的鑑定の結果『全く思っていた通りでした。』つまり、ビジュアルも論壇口調も身長も.....。時間いっぱい、精いっぱい、話しておられました。一つ印象的覚えているポイントは、『選挙権行使における、白票の数の力』なるほどと痛感し、民主主議の基本を再確認した次第で、なかなか勉強になった一夜でした。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年07月14日(土)

〔骨董〕『大阪市で、猫コレクション買受』

DSCN1238.JPG

DSCN1239.JPG

DSCN1240.JPG数日前、大阪市で解体直前の邸宅内古道具の買受を承り鑑定整理していますと、びっくりしたのが、『大小玉石織り交ぜた』膨大な長年蓄積された『猫コレクション』の数々。数えきれないくらい有りましたが、同じものは一つして無かったようにおもいます。弊店の猫を撮りましたが、全く勝負になりませんでした。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

 

2018年07月13日(金)

〔骨董〕『東北地方より鬼瓦の買取依頼』

DSCN1213.JPG弊店のHPを見られたお客様より、『亡き父のコレション』、メインは生前、関西の業者様より求められた『鬼瓦コレション』の鑑定買取依頼を承りました。詳しくお話を伺うと、東京の方で、行く現場は、遠路此処より750km先、東北山形県との事。遠路一瞬『考え込んだ』のですが、『好奇心』と『今夏の思い出つくり』の情熱に負け?行くことに決定しました。写真は、梅雨明けの初日の篠山早朝午前4時12分のお月様です。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年07月10日(火)

本日の篠山市の映像

DSCN1204.JPG

DSCN1203.JPG

DSCN1201.JPG

DSCN1197.JPG

2018年07月07日(土)

〔骨董〕『能勢の山中で、洪水に遭遇』

DSCN1194.JPG昨日は、大変な目に逢いました。雨の中篠山から大阪へ向かう途中、只今未だに国道173号線が不通のため、旧街道を走行していると徐々にでありますが、路面に小波が立ち始めたのであります。両サイドの斜面からは、滝が出現し始め、路肩近くの川は、『大龍の如く、濁流しているのでありました。』川の近くのお家は、今にも濁流に呑み込まれそうで、一瞬に『地獄絵と化した、田舎の山道』当方も、顔色青ざめ、真剣にルートハンテイングを思考し始め、どのようにしてこの境地から脱出するか?生まれて初めての体験、非常にビビリました。なんとか奇跡的に、国道173号まで出たのですが、ダムに注ぐ川すべてが荒くれていました。後30分手遅れていたら、多分路面の水の中で車は立ち往生し、エンジントラブルを興しているだろうことを想像すると、『ゾッとした、恐怖の一日でした。』お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年07月06日(金)

〔骨董〕『短パン購入、大失敗?』

DSCN1192.JPG暑いこの季節、毎年短パンを穿くのでありますが、今年用の何か適当な物を新調しようと、『某ユニクロ』に行ったのであります。すると、いきなり玄関口で目に付いたのが、『990円の短パン』これは、安い。と心に誓い。サイズだけ確認し、何も疑問を抱くことなく、買ったのであります。そして、家で早速穿いたのであります。結論①=ベルトを通す部分が無く、臍部分で紐を締める機能、やっつぱりそうか、990円だやむ得ない。と、納得しつついたのですが、そして、30分後、トイレに行ったので有ります。結論②=社会の窓が無いのです。これは検討違いでした。不便でどうしようもありません。結論③=安い海パンを買った。と思う事にしました。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年07月04日(水)

〔骨董〕〔真夏の朝は、素晴らしい〕

DSCN1190.JPG

DSCN1189.JPG本日、日の出前出勤時の篠山商店街です。午前4時30分頃

2018年07月02日(月)

〔骨董〕『ワールドカップ勝利 ネガテブ考?』

DSCN1180.JPG先日の日本チームの後半残数分の戦い方に、熱いサッカーフアン達の間で賛否両論意見が分かれていますが、私的意見を申させていただくと、『プロレスような活劇や演武のような見世物ではなく、ルールに乗っ取った真剣勝負である以上やむ得なく、高校野球時代の松井選手へのフォアーボール連発と同等の話と理解します。逆に、あの時何時もと同じ雰囲気で敵陣地へ切り込むような戦いをしてカウンターを喰らっていたら、西野監督は、采配を指摘されたはずです。『考え抜いた結論が美しい結晶なのです。』お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年06月30日(土)

〔骨董〕『愛媛県新居浜市へ、買取出張』

DSCN1145.JPG

DSCN1142.JPG

DSCN1147.JPG昨日は、遥々?四国愛媛の新居浜市へ、買取に行ってまいりました。弊店買取チラシを読んだ、豊中市在住の方の実家へ訪問したのであります。実家のご両親が戦後昭和の時代に焼物店を営んでおられ、その時の在庫品の鑑定買取に行って参りました。淡路島を通り旅行気分で、四国に渡り徳島の山中渓谷美を堪能しつつのドライブでした。お客様にお土産のお菓子まで頂き、楽しく嬉しいメモリアルな鑑定買取の一日となりました。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年06月27日(水)

〔骨董〕『晴天の朝、燕は?』

DSCN1126.JPG

DSCN1124.JPG古来、燕は空中に浮遊する虫を捕獲するため、天気の状況によって、飛翔する高さが極端に違うらしいのです。雨間近の湿度の高い空気の時は、虫の羽根が湿り高く飛べないらしく、燕も超低空飛行を余儀なくされるらしいのです。本日の篠山商店街は、大晴天の快晴でございます。近くのランプ屋さんの軒下の巣に育まれている子燕達は、お腹を空かして朝食を待ちわびています。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年06月25日(月)

〔骨董〕『歴史の傍観者?、安田の大杉』

DSCN1033.JPG

DSCN1031.JPG

DSCN1030.JPG

DSCN1029.JPG

DSCN1028.JPG

DSCN1032.JPG昨日仕事で。ローソンに立ち寄った時に、思わずシャッターを切った時の話です。現存する動物の長寿年齢は、深海に棲む眠り鮫の仲間で、推定400歳前後らしいです。振り返れば?徳川家康をライブで知っておられたのかも知れません。ところが、ここに写っている老木は、樹齢7~800歳だそうで、動物では無く静物ゆえ、立場は違いますが、この場所に間違いなくずっと鎮座されていたのであります。ここは、『旧街道の交差点』ゆえ、多分幾多の歴史上の著名人物が行き交ったのに違いありません。明智も、義経も、秀吉も。司馬遼太郎記念館篠山支所みたいな?パワースポットです。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年06月20日(水)

〔骨董〕〔早朝能勢で猛禽を見て、地震に遭遇』

DSCN1016.JPG

DSCN1019.JPG

DSCN1021.JPG

DSCN1022.JPG

DSCN1023.JPG本日朝能勢の山中を車で走行中電線に、鷹or鷲の仲間が止まっているではありませんか?ファインダーを覗いていると、地鳴りがしてくるではありませんか。ちびり?ながら恐怖に戦き、ラジオとスマホから緊急ニュース『大阪地震発生の報』まさか?????

2018年06月18日(月)

〔骨董〕『天気晴朗なれど、足音低し?』

DSCN0993.JPG

DSCN0994.JPG

DSCN0995.JPG只今、午後4時本日の篠山商店街、雲一つ無い真っ青な快晴です。入梅雨が嘘のようです。湿度も気温も低く、5月に戻ったような素晴らしい天気ですが、通行人、通行の車は静かです。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年06月16日(土)

〔骨董〕『木戸静斎の碁盤知っています?』

IMG_1515.JPG

IMG_1516.JPG

IMG_1517.JPG

IMG_1518.JPG表記写真は、以前弊店のお客様より頂いた資料ですが、私は、一度も静斎の碁盤を見たことも、買ったことも有りません。誰か?この記事を読んで持っておられる方?知っておられる方?当方に見せてやっても良い方?おられたらご紹介ください。当方は、商人である以前に、(好奇心の塊)です。ご理解のほどよろしくお願いいたします。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年06月16日(土)

〔骨董〕『兵庫県陶芸美術館訪問』

DSCN0907.JPG

DSCN0906.JPG

DSCN0905.JPG

DSCN0908.JPG

DSCN0910.JPG

DSCN0911.JPG昨日は、梅雨の合間の晴天有難く、今田町の陶芸美術館に、仕事の気分転換と勉強?を兼ねて行ってきました。只今開催中の『ひょうごやきもの150年』の企画展を閲覧してきました。定期的に訪問する企画展ですが、今回の内容は、『150年という時間が、どのようにして今の陶芸技術を育んだかを、作品を通じて知りうるには良い勉強になりました。』当方の見た結果ですが、あくまでも、当方の感性として、思うのですが、やはり陶芸美術とは、素材演出の仕方に尽きる。という事を、再確認致しました。『素材の妙、素材の美』です。これを読まれた方は、ぜひ一度今回の企画展見に行ってやってください。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年06月14日(木)

〔骨董〕『早朝、オオタカの羽根がヒラヒラ?』

_MG_1183.JPG

_MG_1184.JPG

_MG_1185.JPG本日早朝朝の散歩をしていると、前方の電線に〔猛禽類〕が止まっているではありませんか?約150mの距離です。当方、御幼少の頃より、鷲、鷹などの猛禽類に興味が有り、当方が今度生まれ替わるとしたら?『鷹』になりたい。と思うくらい、猛禽類に興味があるのですが、(まあその件は置いといて。)睨み合いをしつつ、電線の下まで寄り付いて観察していると、『何かを思い出したように?』いきなり飛立って行ったのですが、その時、『ヒラリと1枚の羽根が舞い落ちて来たのであります。』落下地点は、田圃の中畦道より2mの沖合?靴を泥だらけにながら、ゲットしたのが写真の1羽根です。持って帰って来た直後、家族からは、気持ち悪いと非難を受けましたが、『玄関に置くと風水では幸運をもたらすらしい』とグーグルに出ていたぞ。と、説明すると、『貴重な物を捜してきてくれて、ありがとう』と言われました。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年06月13日(水)

〔骨董〕『世界に誇る、日本鮮魚市場の話』

DSCN0880.JPG先日何処かの記事に書いていましたが?、国内で鮮魚を小売りされているお店で(食中毒の事故)が発生する確率は、世界的みて極めて、日本国内は低いらしいのです。このことは、世界に誇れる日本の鮮魚店界の勲章らしいのです。理由は、複雑な流通のおかげらしいのです。具体的には、海から揚がった魚は、地元の漁協市場や高級魚であれば、大都会の中央市場で『せり市』にかけられるのですが、これが世界に誇れる食中毒事故を防いでるらしいのです。つまり『プロの目』を通って、流通するため『危ない魚』は、途中で駆逐されるのです。今やIT社会趨勢のこの世において、アナログな検品ですが、面白い話だと思いつつ、日々骨董市場に通っている当方は、『骨董品は腐らないので、食中毒は無いが、事故はいつも起こるなあ』とひとりぼやいてしまいました。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2018年06月11日(月)

ぜひともクリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村