header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

CD『DUETS』STING 新譜購入で、ハプニング?。

当方は、50年来のjazz、ROCKの愛聴家にも関わらず、最近新譜を購入した記憶が無く。というのは、仕事柄中古CDと巡り会う機会は多く殆ど序でにコレクションしてきたからなのですが、ところが最近、ラジオの新譜紹介で、ステイングの新譜が出たことにサプライズ、しかも、往年の大御所各人とduet をしたアルバムとの事。即購入を決定。アマゾンへレッツゴー。早速昨日夕方到着後即開封試聴となったわけですが、すると、CD2枚組ではありませんか?早速、時間が無いので、お気に入りのjazzのサックス奏者クリスボッテイーのコラボを聴こうと【2枚目】のCDをセットし試してみるとずーっと【READING】のまま音が出てこない。こんな経験は初めて、新譜に音が出ないCDレコードそして、悩む事数十分。やっと問題解決。【2枚組ではなく、1枚は付録のDVD】振り返れば、当方の経験上DVDの付録付きCDを購入したのは初体験。参った、マイッタ。(笑) それはさておいて、このCD最高の出来のアルバムと推奨します。数十年前のブリテイッシュロックの進化形としては、想像した通りのサウンドです。実に粋なモダン英国ロック私は大変気に入りました。昔の噺で恐縮ですが、1970年代音楽雑誌【ミュジックライフ】華やかりし頃、某渋谷陽一氏は、【ロックの30歳限界説】を唱えておられたような記憶があります。あらためて、しみじみ【ロックに限界等無い】ようです。断捨離、お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!

2021年04月03日(土)