header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

古美術の金額 査定 値段 (その5)

_MG_0056.JPG当方の業界にも、1つの分野に特化した、『専門店』的お店が有ります。そのお店に行けば、1つのターゲーットに絞り、豊富なラインナップを揃えておられる訳です。豊富に有るという事は、豊富に仕入れている。というわけで、つまり、他の業者さんより、高く買う(競り落とす)しているわけで、結果として、多く集まってくるのです。高く仕入れると高く売らなければ利潤がでません。高く売るためには、店舗立地条件、広告等にコストを掛けて、多くの人との出会いを求めなければなりません。只、この業界、不思議?な点も多々存在します。『良品を持てば、良客が寄ってくる。』数学的コストを心理学的コストが凌駕することが多々あるわけです。『卵が先か?ニワトリが先か?』答えは、『まず、買うことです。』多少の損は、勉強が出来。新しいお客様に巡り合うコストと計算すれば、微小投資です。投資の効果は、所詮自己満足かもしれませんが、だから辞められない。のです。。お引越、倉庫整理、遺品整理等、古道具などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!

2015年07月03日(金)