header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

〔骨董〕『明治初頃、3000万人だった?』

_MG_1083.JPG日本国は、今から僅か約150年前(坂本竜馬の頃)人口は、約3000万人だったのです。今の1/4なのであります。当時は、地域分散型の国内経済活動の時代であり、都市圏に人口が今ほど集中していませんでした。ゆえ、一人当たりの有効スペース?は広く、物理的には、伸び伸びした時代だったのではないでしょうか?だから、人口が増えたともいえるのではないでしょうか。話は、いつもながら飛びますが?21世紀は、『水不足』『大震災大地震』の時代と言われていますが、こんなに人口が着実に減る時代に、人口の都市集中を放置してよいのでしょうか?国際化の時代だからこそ、国土の有効利用が可能なのではないでしょうか?『天の利、人の利、地の利』将棋以外にも対局を適切に判断出来るリーダー的人材が登場することを期待します。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2017年07月05日(水)