header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

『古伊万里蕎麦猪口 鑑定の噺』

_MG_8106.JPG弊店は、古伊万里蕎麦猪口のお好きな方やコレクターの方が押し寄せる?店なのですが、中には、『駆け出し、入門者』の方も多く、日々、多種多様な質問を受けるのであります。常に問われるのは、『真贋の見分けの基本中の基本』です。ここで言う真贋とは、『伊万里地方の産で、400年〜150年程前』の物という意味です。ネットオークションのコピーを持参されて、『この素敵な蕎麦猪口、なぜこんなに安く落札されているのですか?』入門者としての疑問は、よく理解出来ますので、お答えするのですが、例えば、その手の染付の線ですが、殆どは、筆ペンのような筆勢でしょう?。と説明すると、書道の経験者とか絵を自分で描く人は、すぐ理解出来るのですが、経験の無い人は、『真贋見分けの知識』だけに終わってしまいます。そこで、経験の無い人(因みに、当方も有りませんでした。)なりに、『毛の濃淡、長短、柔堅等』を水で濡らして新聞紙に試しに描いてみるぐらいのチャレンジ精神旺盛でないと、目利きへの第一歩は、覚束ないと思いますが、逆に言うと、そのような事を楽しめる人が『骨董道を共有できる』人達だと思います。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2017年04月29日(土)