header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

〔骨董〕『古けりゃ良いという訳でも...』

_MG_1531.JPG

_MG_1532.JPG

_MG_1533.JPG表記写真の器は、最近弊店が仕入れた商品です。ところで、とかく弊店に来店されるお客様もよく誰もが口癖のように、『この作品の時代は?』というフレーズ。つまるところ、『古い物程、高価で、貴重かつ珍重である。』という思い込みからくる質問なのである。確かに、一般論として、古い物程高価な物が多いのは事実です。表記の写真は、明治の有田産の作品で、初期香蘭社の物と思われます。通称幕末と言われる古伊万里の作品より仕事が丁寧で、かつ明治の息吹のエッセンスが混ざってお洒落だと思うのは、僕だけでしょうか?。幕末と明治 僅か20年ぐらいです。時代的俯瞰感覚で見れば、『仕事の質で評価すべきです。』かつ、店頭小売値段は、幕末より安く値付けされているケースが多いのではないでしょうか?お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2017年01月13日(金)