header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

〔骨董〕『石油相場の話』

_MG_1027.JPG寒い冬になり日々石油に依存する季節になりました。新聞等のニュースでは、やや石油相場が騰がってきているようですが、表記写真のグラフは、近年の相場推移です。中東産油国OPECの談合相場の効果?と思われますが、米国の石油備蓄量も増加している模様です。米国には、必殺?シェール石油の埋蔵が眠っているわけですが、しかし現状産出コストがやや高いみたいです。つまり、産出コスパに見合えば当然この石油も流通過程に流失します。『機械は使用しないと錆付きます?。』即稼動可能の状態が相場操作上有難いのです。骨董品の流通も例を見るまでも無く、中国美術品に代表されるように相場が急騰すると当然流通に顔を出現し始めます。相場高騰とは、お宝探知機?のようです。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2016年12月30日(金)