header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

『骨董古美術店でのマナー』 その2

_MG_0160.JPG本日思う?事は、当方の主観ですので、初めにお断りしときます。よく初めて弊店を訪れられるお客様に多いのですが、いきなり入り口で、『見るだけでも良いですか?』と言って、入店されるお客様です。勿論営業中で有れば、お断りする理由はありません。しかも、言葉のニュアンスに悪気が無いのが明確なので問題無いのですが、ただ、只、思うのです。『見せて頂きます。』『見せて頂いて宜しいでしょうか?』という言葉と少し聞き手(当方)に伝わるニュアンスが少し?違うと思います。(見ないと買えないのが道理です。)すると、『買う前提の無い見るだけ。』という意味を解釈するニュアンスが一人歩きして、『無料の博物館』のようにイメージが伝わります。飽くまで『言葉の綾』かもしれませんが、『見るだけ』を省いた言葉の方が適切なのではないでしょうか?。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2016年11月26日(土)