header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

骨董 古美術 金額 鑑定 査定 その34

_MG_8627.JPGいきなりですが?、『孫にも衣装』『書画の良い作品は、表具も一流』『○○堂の表具に贋物無し』『二重箱は、一流品』等このような言葉は、元来、一流ブランドの本質、側面等を言い表している表現と云って過言ではありませんが、また、消費者としての日本国民は、このようなフォーマットに弱く、疑わないのでないでしょうか?。私自身の体験的確率論から申せば、やっぱり確信犯的に当たっています。しかし、表記指輪のように、脇が名優で、主役が名も無いアイドル的な貴金属があまりにも多いのであります。古来これも高度成長時代の都市伝説かもしれませんが、『問屋優越論』と『小売り利益率優先論』しかし今は、、、、そろそろ本物志向の時代ではないでしょうか?お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!

2016年05月16日(月)