header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

『お宝サロンの熱海細工』より『Tさんの島桑コレク』」

_MG_8415.JPG昨晩9時からBS放送で石坂浩二司会の新番組『お宝サロン』で、熱海細工のコレクターが登場されていました。和タンスは私も大変好きな世界ゆえ、注目して観ていました。この場をかりて、私の主観的意見を述べさせていただきます。確かに最後に出てきていました箪笥など、欧米人に人気が有りそうで、推定?『数千万円』の評価額を先生がおっしゃっていましたが、私も仕事の手間の掛け方、細工の仕方、大きさ、欧米人の好み嗜好性、唯一性等の見地からすると高額評価はやむえないのではないかと同感ですが、私の価値観特に嗜好性から判断しますと、当方の隣人自称?『日本一の島桑のコレクターTさん』の収集されているタンス類の方が遥かに評価が高いのであります。理由は、これも恐縮ながら主観で申し上げます。一言でいえば、島桑細工の方が『職人技を超えた芸術性が高い』と思います。1つ例えて言うならば、『素材とデザインのバランス。欧米人には、理解し難い日本人特有の価値観『清潔感、綺麗寂』女性的都会性?客室に対する考え方等etc。です。私は、何時の日か一度、『Tさんに、お宝サロンに出るべきだ。』と、提言したのですが、その時帰って来た言葉は、『もしそんなことしたら、島桑の相場が騰がるやろ。それは、大変なこっちゃ。』納得。でも本当の話絶対島桑の方が、美術館に飾り映えします。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!

2016年05月12日(木)