header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

骨董 古美術 金額 鑑定 査定 その32

_MG_7514.JPGよく弊店来店のお客様より、『どのような物が値打ち物か?素人にも解るように教えてください』と問われます。私もあらたまって聞かれると、背筋をピンと伸ばし、中島誠之助先生みたいに天婦羅食べた後のように、弁舌滑らかに『まず学術的に.....』とは説明しませんが、私なりに客観的基準をお話します。第一に時代性。第二に希少性。第三に状態。第四に意匠性。簡単に羅列しましたが、このことは多かれ少なかれすべての芸術美術書籍に著述されていることです。では、この要素をすべて備えている物が値打ち物で高額査定に価するかといえば、すべてでは無く、先日も『鑑定団お宝サロン』のTV番組で、『ホーロー看板コレクター』にスポットをあてた企画の時に、『コレクター自信の逸品』の紹介時、北原先生の評価額があまりにも低くビックリしたのですが、結論=美術評価と金額評価は、別物らしく人気が無いと金額は、当然安いらしいです。納得。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!

2016年04月26日(火)