header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

古美術 眼垢(めあか)考

_MG_5462.JPG茶道の基本精神は、『一期一会』と言われます。最初で最後の覚悟で、客人を亭主がもてなす。『出会いの一瞬を、心を込めてお迎えする』そんな慶事の時、いつも使用している普段使いのお道具で、茶事を行うと相手に失礼にあたります。その日ために、その方のためのお道具でもてなすのが基本です。一度使用すると暫く(当代亭主の生存期間)は、使い辛いものです。他人に見せたことのない初見の物程、尊いものです。これを目垢の付いていない道具というのだと思うですが、昨今では、兎に角、人目に晒されて噂に上っている物を眼垢に付くと云っているようです。(芸能界と美術界は、似通っている部分と真逆の部分が有るようです。笑。)お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!

2016年03月27日(日)