header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

古美術の鑑定 金額 査定 値段 (その10)

弊店出入りのコレクター、業者、様等に通称『目利き』と云われる方に共通項があります。それは、積極的に『怪しい、贋物、イミテーション、FAKE』等、真物と云われる真逆の物を買っている。ということです。言葉だけで表現すると聞いた方は、戸惑われると思いますが、今から解説します。真実を探求するために、贋物を研究するという事です。怪しい物というのは、騙す為騙されやすくする為作られています。造り手が複数いたとしても詐術ポイントが共通する場合が多いのです。怪しい物は、比較的安価です。高価な怪しい物は事件に成りやすく、比較的少ないです。人間かっこ悪く、遠回りな事は、誰しも苦手ですが、贋物の研究が、掘り出し物を掴むには、最短コースかもしれません。浪費を投資に変える執念がコレクター道の王道です。お引越、倉庫整理、遺品整理等、古道具などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!

2015年09月11日(金)