header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

古美術の金額 査定 値段 (その7)

よく古美術、骨董品が『値が有って、無いようなものだ』とおっしゃる方が多々おられます。そのご意見に対して、反論する気は毛頭ありませんが、すこし当方なりに、解説したいと思います。『アインシュタインの法則』ではありませんが、相対価格というところが真理の基準と考えます。分り易く言えば、『美人投票です。』では、美人の美の基準は何でしょう?個々の嗜好、性癖等、艶様々です。これが現実と断言?できますが、ここに主観性と客観性の存在が有り、此処の価値観に識者?の裏付けを求めるので、話がややこしくなるのです。『TVや本に出ているから間違いない』ご尤もなご意見です。では、なぜ出ているのか?そこを客観的にご理解出来たら、『目利きへの第1歩と思います。』すべてのなぜに理由があると思います。古美術、骨董業界には、多数の解説、屁理屈が存在します。この『解説の森?』を彷徨うのが、骨董古美術の楽しさです。自分自身の美的価値観を研ぎ澄ますように日々精進してください?一休堂も、美に回廊を迷走しています。お引越、倉庫整理、遺品整理等、古道具などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!

2015年07月30日(木)