header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

『コピー機の値段』?ボヤキ。

_MG_2010.JPG先日、消耗品?と納得しているコピー機を某家電量販店に買いにいきました。あくまでも当方のボヤキですが、どうせ365日前後で買い替えるので、新品8500円の最安値の機種を購入したのですが、何を悩んだかと申しますと。8500円の中に、インク代5000円分も含まれているのです。ということは、BODYは、約3500円です。インク代は、当方の場合約1か月で4色交換します。ゆえ、1か月当たり5000円也。只リサイクルインクを使えば、2500円ぐらい。しかし、保証書に、オリジナルインク以外での故障は、保証しない。旨ただし書きが有ります。店員さん曰く『保証期間365日以降は、リサイクルがお得ですよ』という事ですが、もっと早くリサイクルを開始使用した方が得と思うのは人情ですが、経験した当方の記憶では、『リサイクルインクは、カセット装着時のフィット感が無く、すぐに装填部品が故障します。』しかし、運が良ければ、何度も交換可能です。結輪=『使用頻度の少ない人は、絶対にリサイクルインクの使用は、意味なし』皆さんの生活の参考に、失敗談でした。お引越、倉庫整理、遺品整理等、古道具などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!

2015年07月27日(月)