header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

〔骨董〕『ABL(動産担保融資)に古美術は、最適?』

_MG_0935.JPG先日新聞を読んでいて目に留まったのですが、ABL(動産担保融資)を始めた金融機関の話が載っていました。表記写真の在庫ワインなどにも担保に融資してくれるらしいのです。今まで金融機関は、基本『土地担保』の時代が永く続いていたのですが、最近は不動さん以外の動産も担保に融資する金融機関が出始めたらしいのです。そこで浮かんだ発想?は、当方の業界の事なのであります。古美術品を『もともと値があってない物』と評される門外漢が多数おられるのですが、すべてとは言い切れませんが、元々古美術骨董品には、『業者相場』が形成されていて、殆どの在庫品は、卸相場が存在します。ゆえに、営業資金が必要な場合は、交換会で在庫の現金化を図るのであります。そこで、銀行などの金融機関と交換会がリンクすれば、互いにメリットがでるのではないかと思ったのであります。当方の業界にとっては、商品が流入流通し、融資を求められる美術品所有者は、適切評価で現金化出来、金融機関も適切利潤を出すことができます。来年あたりから活発化するかもしれません。年末年始の断捨離、お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!。

2017年12月16日(土)