header_logo

古美術、近代美術、古道具などの買取は一休堂へ 京都・滋賀・大阪・兵庫 関西一円、全国出張買取

古物商免許 兵庫県公安委員会631429500004

TEL 079-552-7678

古道具の買取は丹波篠山の一休堂までご相談下さい。

高価買取・迅速・安心・見積無料

一休堂のだじゃれ日記

クリックお願いです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

『コロナ禍に想う、山より大きい獅子はいない』

コロナ禍に遭遇し、当方の目測では2019年12月を起点とすると、早21カ月です。当初誰もがもっと早く終息すると思ったに違いありません。ところがどっこい?今に至る惨状なのであります。数年前のブログにも書きましたが、よく御幼少の頃?(笑)両親より、台風接近間際のニュース等、怖気ずく事が有る度に、『山より大きい獅子はいない』と諭された物です。つまり、意訳すると、『原因の無い結果は無い』という事だと思ったのですが、そこで先日も表記写真の本、知の巨人と言われ先日亡くなられた、立花隆さんの『思考の技術』を再読しているとい、ウイールス(疫病)に関しても述べられていたので紹介します。ウイールスといえども地球上の生物?は、すべて寄生と宿主で成り立っているらしく、コロナ禍においては、宿主が人間で寄生者がコロナな訳ですので、宿主の存在が危機に瀕すると、寄生者も滅びるらしく。自然界では、感染者が50パーセントを超えるレベルになると、一気に終息する傾向に有るらしいのです。そして、角度を人間主体に変えてみると、寄生者が人間で、宿主は地球と考えると、地球自体が存亡の危機に瀕しているかも知れません。人口膨張、地球温暖化等、非自然的災難の頻発。謙虚な気持ちで俯瞰的思考でこの時代を賢明に生き抜きたいものです。。断捨離、お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際は是非いちど、古美術 一休堂までご相談下さい!

2021年09月01日(水)